Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pageEmail this to someone

こんにちは、スマホアプリのプロデューサーやプロモーションをやっている河﨑です。
11月26日はなんの日か、みなさんご存知ですよね?

そう! 11月26日は、セルフプロデュースアイドルユニット『劇場版ゴキゲン帝国』の指揮官担当の白幡いちほさんの生誕イベントの日です! そこで今回、生誕イベントを目前に控えた白幡いちほさんにインタビュー。彼女の知られざるプライベートに迫ります。

※前編:芸人からアイドルへ転身!?白幡いちほ@劇場版ゴキゲン帝国の素顔

 

白幡いちほ_生誕イベント
白幡いちほ
フリーランスアイドル。モデルだった母がキッカケで芸能界入り。モデル、お笑い芸人などを経て、現在は『劇場版ゴキゲン帝国』というアイドルユニットを運営。Twitterは@1ho1118

 

「メガネと話したい」白幡いちほの願望とは

 

―― ところで、白幡いちほさんの趣味はなんですか?

わたし、趣味めっちゃ多いんです。超多趣味でアニメ、ゲーム、コスプレからはじまり、サバゲー、お酒、映画も好きだし爬虫類も飼ってるんです。フトアゴヒゲトカゲです。変温動物なんでお風呂入れたりして体温調節しないといけないんですよ。嫌がるんですけどね(笑)。
あとは謎解きとか脱出ゲームとか。あ、カードゲームも好きですね。特に『マジック:ザ・ギャザリング』が好きで。

 

――  『マジック:ザ・ギャザリング』をはじめたのはいつ頃から?

1年ちょっと前くらいですね、最初は仕事をキッカケにはじめたんですけど、完全にハマっちゃって。ポケットマネーで月2、3万円は課金してますね。シングル(カード)で買うことが多いんですけど、カードショップとかだとレアカードで1枚1万円くらいするのとかもあるんですよ!

 

―― すごい……! ちなみに、ゲームはどんなゲームをやりますか?

ゲームはRPGが基本好きなんですけど、割となんでもやります。
特に大好きなのは、FFですね。FFX-2のリュックのコスプレもしたこともあります。シリーズだとⅦが一番好きかな。キャラクターに感情移入できて、キャラ立ちがハッキリしてるのが良くて。
他には『街 〜運命の交差点〜』というゲームが、渋谷を舞台にしていてすごく面白かったです。泣きながらやりました(笑)。
 
 

―― もしも身につけられるならば、欲しい能力はありますか?

物と喋る能力がほしいですね(笑)。わたし、メガネと話したくて。ものすごくメガネが好きなんですよ。

メガネと話したい! メガネがなにを思っているのか知りたいです。置かれてるときは「まだかけてくれないのかなぁ~」と思ってるのか、かけてるときは「ご主人、いま俺が見えるようにしてやってるんだぜ」って思ってるのかなとか、「仕事だりぃ〜」とか考えているのかなぁって考えちゃうんです。知りたいというか、擬人化に近いですかね。

 

―― メガネはいろいろ持ってるんですか?

6個くらいかな。目は悪いので、家ではメガネです(笑)。

 

私は負の力の中心にいる、選ばれし者……という妄想。

白幡いちほ_生誕イベント
 

―― 結構、妄想癖はある方なんですかね?

そうですね、でも女子は多いんじゃないですか? アニメとか好きな女子は特に。
わたし、毎晩寝る前にしている妄想があって、ファンタジーと言うか……話すの恥かしくなってきた(笑)。私は選ばれし者なんですけど、すごい不幸な主人公なんです。お世話になってる人らは私に関わると死んでいってしまうんですけど、親しい人や思い入れのある人が死ぬと強くなるっていう。
 
 

―― 罪な人ですね(笑)。何が強くなるんですか?

とにかくパワーが(爆笑)頭良くなったり力強くなったり。能力は火を使える能力なんですけど、火を扱って敵を倒したりします。敵は私をそういう能力を身につけさせた人が敵です。ショッカーみたいな。私は負の力の中心にいるんですけど、それはそいつが仕組んだことだったっていう……恥ずかしい(笑)。

白幡いちほ_生誕イベント

 

―― それは毎晩考えるんですか? 何日くらい続けて?

毎晩です。何日じゃなくて何年も続いてます……(笑)。もう1000話とか余裕で超えてますね。多分10年以上続いてます。

村を転々としていて。夢にも出てきたりするんですけど、周りの人が死に過ぎて最近空飛べるようになったんです(笑)。夢の中でも自在に飛ぶことができるようになって。

 

―― もう敵なしじゃないですか?

いやいやそんなことないです。敵もどんどん強くなってるんで(笑)。まだまだ人、死にます(笑)。

 

―― 死に方も考えますか?

死に方は、その死んじゃう人とすごい仲良くなったりするんですけど、その人がツラい思いをしてて「この人を助けてあげなきゃ」というときに、なぜかむごい死に方をするという(笑)。
敵は負の力を利用してるんですよ。良い思いが悲しい思いになって、復讐心になったりするエネルギーを使ってたりして。

 

―― なんかもうタイトルつけたほうが良いんじゃないですか?

そうですね、確かにタイトル……考えてみます(笑)。

 

白幡いちほ_生誕イベント

突然ですが、長所と短所を教えてください。

 

―― 面接みたいなこと聞きますけど、自分の長所と短所を端的にいうとなんですか?

負けず嫌いです。あとフットワークが軽い。夜に友だちから「今飲んでるけど来ない?」と誘われたら大体行きます。終電がなくても行ける範囲ならどこにでも。
短所は……なんですかね、ポジティブなんですけどネガティブなとこも多くて、意外と自分に自信がないというか。自信ないけどやらなきゃいけないことがあって、よく見えるように頑張って努力してるところはあるけど、根本は道歩いてる人と目が合うのも嫌、みたいなネガティブ。なんか「何見てんの?って思われてるのかな?」とか考えちゃう(笑)。

 

―― 基本は人見知りなんですか?

もしかしたら、人見知りかも。こうやって知り合えばぜんぜん話せるんですけど、そうじゃない人に話すのは苦手ですね。それが、人見知りか(笑)。

楽屋とかで他のアイドルと一緒になって話したいんですけど……特に可愛い女の子となにを話したらいいかわからないじゃないですか? だから「あ、あ、あの……」みたいにキモくなっちゃいます(笑)。
自分自身では「わたしはキモい」という気持ちが強くて、根がオタクだしずっとアニメ好きだったし。でも、中高時代に1回脱オタしてるんですよ。まわりのみんなが可愛くて、ギャルとかイケイケな女の子が多かったので、マンガ描いてると「え、何してるの? キモイ」ってなるじゃないですか?

そういうのが嫌になっちゃって、「アニメを書くのってキモいんだ」と思って辞めちゃいましたね。そのときに感じた気持ちが根強く残ってて、割といまでもネガティブなんですよね。

 

―― そうなんですね、意外でした。ちなみに1日の中で1番ホッとする時間はどんなときですか?

家帰ってトカゲを見たときですかね。ボンチャン(笑)。
名前は日本酒からとってて、ファンの方からもらったお酒で『梵』って言うのをもらって、それがすごくおいしくて! それが『メガネブ!』の聖地である福井県の鯖江市でつくられてたお酒だったんですよ。お酒から取ろうっていうのは決めてたので、『八海山』か『梵』で悩んで、『梵』にしました。

 

―― 最近は、しっかりお休みの日取れてますか?

あまりないかもしれません……あ、昨日休みでしたよね(笑)。

 

―― 昨日は何をしたんですか?

夜型なので朝5時に寝てお昼に起きて……んー、最近昨日なにしてたかとか思いだせない(笑)。家でできる作業をして、ご飯食べて寝て起きて、ゲームして寝て起きて、映画観に行って帰ってきて、また作業して、寝るの6時半とか?

 

―― それ仕事してますね(笑)。

これ、仕事か(笑)。
休めないタイプなんですね。なにかしてないとダメなのかも。
あと映画を観たら、感想をノートに書いたりしてます! でもブログで書くと偉そうじゃないですか。だからノートに(笑)。いつか文化人になれたときにでもやろうかなと思います。文化人がなにかとかよくわかってないですけど(笑)。

自分で考えたり、つくったりして、そして自分で発信もしつつ、たまにロフトプラスワンで話すみたいな(笑)。そういうポジションに憧れます。バラエティに出たいんです、すごく。音楽も好きだけどやっぱりバラエティに出たいですね。

 

「1億円あったら自分の銅像を立てたい」白幡いちほの夢

 

―― 出てみたいバラエティ番組は?

『アメトーーク』はベタですけど憧れますね。あとは深夜の枠で出たいなと思う番組が多いです。『有吉反省会』とか『アフロの変』というのがすごく好きで。ハロプロの℃uteにトークの上手なアイドルがいるんですけど、その子が可愛くて面白くて。そういうポジションになりたいですね。

 

―― 今後共演してみたい人はいますか?

フットボールアワーの後藤さんとか有吉さんとかと共演したいです。過去にお仕事をご一緒させていただいたことがあるのですが、そのときはダメダメで。もう一度共演したいなと思います。

 

―― 最後に1億円もらったら何がしたいですか?

なんだろう! 戦車って買えますかね?。1億じゃ買えないか。
うーん……銅像立てます、自分の(笑)。土地も考えたんですけど銅像にします。

 

――お金余りますよ?

そうか、どうしよう……。

 

―― じゃあ100億円あったら?

都内に土地買って、事務所建てたいですね。そしてゴキゲン帝国ハウスをつくって、その前に銅像をドーンと立てます(笑)。そしてその銅像の下から家に入れる構造にしたいですね。ここ通らないと入れないっていう。ゴキゲン帝国の会社と事務所にしちゃうみたいな。

 

―― ゴキゲン帝国はもうずっとやってたい感じで?

そうですね、もうずっと! 一生やりたいです!
メンバーも結構アイドル、アイドルしてる子もいなくて。バラエティが向いてたり、おばあちゃんになってもできるような感じなので、おばあちゃんになってもやりたいですね。

あ!ゴキゲン帝国ハウスをもう今からバリアフリーにして三階建てでエレベーターつけて一番上が皆の睡眠スペースで二階が作業部屋、一階が客室、全部バリアフリー(笑)。おばあちゃんになっても住める! いいな~そんな家(笑)。

 

―― 最後に読者へメッセージをお願いします。

11月26日のお昼にわたしの生誕イベントがあります! 11月18日生まれなんですけどね(笑)。渋谷ミルキーウェイというライブハウスで、10時半開場11時開演の予定です。
いつも生誕イベントにはお母さんを呼んでて、今回もお母さんに登場してもらいます(笑)。お母さんとコラボで1曲歌ったりと、普段やらないことをやります! ぜひみなさま、お越しください!

白幡いちほ_生誕イベント
 

劇場版ゴキゲン帝国公式サイト
URL:http://gokigenteikoku.wixsite.com/home

取材協力:株式会社オブジェクト




 

Pocket