Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pageEmail this to someone

毎年3月8日は、1904年にニューヨークで起きた女性労働者のデモが起源とされる「国際女性デー」。女性の権利を訴えるこの記念日には、各国で様々な催しが開かれます。

そんな中、YouTubeが今回新しいキャンペーン「#DearMe」を開始したので、ご紹介します。

様々な悩みを抱えるすべての女性たちへのメッセージ

 

本キャンペーンでは、さまざまな悩みを抱える世界中の 10 代の女性に向けたメッセージ動画を、アメリカ、イギリス、インド、日本で活躍する YouTube クリエイターと共に作成しました。
YouTube Japan 公式チャネルより

 

#DearMe」には、各国のYouTuberが「10代の頃の自分」に向けて語った動画が公開されているのですが、いくつか投稿されている動画を見ていて共通しているなと感じたのは

「まわりと一緒である必要はない。アナタは”アナタらしく”いていいんだよ」

というメッセージ。

若い頃、特に10代の頃というのは仲間はずれが一番コワい。そして本当は合わせたくないのに、まわりに合わせてしまう。アナタも経験あるのでは?
大人になった今でも同じような悩みを抱えているヒトはたくさんいると思います。しかしヒトと一緒では個性というのは育たないんですよね。

#DearMe」では同じような悩みを抱えつつも、悩みを乗り越え個性を存分に発揮して活躍されている女性が登場してきます。バイリンガールのチカさんや、キャロライン・ケネディ駐日米大使など有名な方々も。

Misha Janetteさんも#DearMeに登場

ナッツがリスペクトしているファッションジャーナリストのミーシャさん(@FashionTubuyaki)も「#DearMe」に投稿しています。彼女の投稿がこちら。(CCマークのところから字幕表示可能)

「 ノーと言える勇気。」

途中、ミーシャさんが涙をこらえるシーン含め、心にジーンとくるメッセージ。

動画だからこそ 言葉にならないメッセージも伝えることができるし、スマホを使って簡単に動画を配信できる今だからこそ、自分にしか伝えられないメッセージを配信していきたいですね。

動画配信サービスであるYouTubeにまんまと乗せられた、素敵なキャンペーンでした。

YouTube Japan 公式チャンネル – YouTube

文:永田優介(@nuts612

 

Pocket