Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pageEmail this to someone

みなさん、就職活動はいかがですか? 「自分だけ内定がもらえない」と悩んでいる方も多いのかなと思う。
最近、「就活のせいで自殺するかもしれません」というエントリーが話題になっていたので、読んでみた。

そこには、こう記されていた。

 

就職活動で唯一知れたことは、私は弱い人間だったと言うことです。

こんな弱い人間は、やっぱり社会にはいらないんだな、と言うことだけです。

苦しいです。

助けてください。
 

引用元:http://anond.hatelabo.jp/20160618211423

 

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたも「就活がツラい」「死にたい」と思っているのかもしれない。まわりがどんどん企業から内定をもらっていくのを見て、逆に自分はESが通らなかったり、面接に落ちたりの連続だと、そりゃ死にたくなるよね。

僕はいま29歳になり、社会人として7年目を迎えた。
だけど、この歳になっても「自分って社会から必要されているのかな」って考えることがある。




 

「社会から必要とされていない」というのは思い込みではなく事実

どこの企業からも内定がもらえないと、マジで「自分って社会から必要されてないのかも……」と感じる。だれからも必要とされないなんて自分、生きている意味あるの?って思う。

就職に限らず、転職もそう。
転職しようと思っても、ある程度の歳になったら企業は即戦力を求めるから、未経験もしくは目立つスキルがない人を採用しない。

 

「社会から必要とされていない」という感覚は、思い込みではなく、事実なんだよね。

 

就職活動だろうが、転職活動だろうが、どこからも内定もらえないということは、「必要とされていない」ただそれだけ。だって、会社は利益を追従するものだから。

 

社会から求められるスキルを身につけるまでは、「やりたい仕事なんて、すぐにはできない」と思ったほうがいい

じゃあ、どこでも働けないか?といったら、そうでもない。
選びさえしなければ、働く場所なんてめちゃくちゃあるよ。街を歩いていて、アルバイト募集の張り紙を見たことあるでしょ。コンビニにいけば、求人雑誌おいてあるでしょ。

仕事がないんだったら、「それはやりたいことじゃないから、無理」とか言ってる場合じゃない。なんでもいいから、とりあえず働かないと。目の前のやるべきことができない人に、そりゃ仕事は回ってこない。

 

やりたいことがあるんだったら、やれるようにスキルを身につけること。
スキルが身につくまでは、ひたすら我慢。努力。

「もうダメだ」と立ち止まってしまったら、状況はなにも変わらない。

 

前に中卒社長対談というのを行って、上場企業の社長・岡村さんとLIGの社長・吉原ゴウさんのお話を聞いたことがある。
参考:中卒社長が語る未経験からの就活論「やりたいことなんてないのが普通」

ゴウさんの言っていた台詞が結構いいなと思った。

「壁を越えろ」ってマッチョな考え。乗り越えられない壁は沿って歩けばいい

 

ホント、そのとおりだなって。乗り越えられない壁でも、沿って歩いていけば、少し壁が低くなって乗り越えられるところがあるかもしれない。でも、立ち止まったら、一生乗り越えられないまま。

 

就活なんかで死ぬのは、人生もったいない

就活って、ツラいよね。
でも、「就活」という他人が用意したくだらない仕組みで、死んじゃうとか、それこそくだらない。

くだらない、うん。

そんなんで死んでないで、まずは就活やめちゃえばいいんじゃない?
就活やめても死なないのに、就活を続けたら死ぬとか、なんかおかしいでしょ。

 

僕のいとこは、10年前に自殺した。
同い年だった彼が突然死んで、いまでもずっと「マジで、なにやってんだよ」って思う。

死んでもなんにもならないよ。




 

関連記事:やりたいことが見つからない時に行いたい10の簡単な自己分析方法

 

▼筆者

Pocket