Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestBuffer this pageEmail this to someone

深夜3時36分。

朝11時に起きた僕は、眠れずにネットという大きな海を彷徨っていた。
今夜のネット上に漂うのは、「電通」「長谷川豊」「君の名は。」あたりだ。特に心を動かす衝撃的な出会いはなく、そろそろ寝るかと思った矢先、僕は彼女に出会った。

 

 

 

うな子「養って」

「君の名は?」
「うな子」




うな子だと?!
というか、このモデルは一体だれなのだろうか。

 




 

鹿児島県志布志市の、ふるさと納税PR動画『うな子』

※現在、うな子の動画は削除されてしまったようです

まず、このPR動画について。
「うな子」は鹿児島県志布志市(しぶしし)のふるさと納税返礼品である “うなぎ” をPRすべく、 “うなぎ” をなぜか擬人化させた存在らしい。
「志布志市志布志町志布志にある志布志市役所志布志支所」と日本一「志」の多いまちとして有名な志布志市。そんな志布志市の地下水はミネラル分が多く、うなぎの養殖に適しているそう。

そのため、「うな子」は動画の冒頭でこう言う。

 

「養って」

 

……ほう。

 

 

鹿児島_うな子モデル_佐々木萌詠

鹿児島_うな子モデル_佐々木萌詠

鹿児島_うなぎ

Youtubeの説明文によると、舞台は「湧き水を使用した志布志のとあるプール」とのこと。ちゃんと湧き水をプールまで引っ張ってきたのか。すごいな。

どんな撮影現場だったのだろう。
動画の1:00あたり、これはペットボトルにローションを塗りたくって撮影しているのだろうか。

そして……このモデルの女の子は撮影中、どんなことを考えていたのだろうか。
深夜3時のテンションだ。僕はこの動画をループで10回くらい見入ってしまい、あれこれ考えてしまった。

 

「うな子」役の女性モデルは佐々木萌詠(ささきもえ)さん

この “うなぎ” を擬人化した存在「うな子」という大役を演じたモデルは、いったい誰なのだろう。まるでうなぎのように、たった1つの疑問が脳内を駆け巡る。

 

 

「君の名は?」

 





 

ググってみた。
ヒットした。

彼女の名は、佐々木萌詠(ささきもえ)さん。

1996年生まれの20歳。
インスタを拝見すると、とてもお洒落でかわいい女の子。どことなく昔の石原さとみさんに似ている。今後、もっと可愛くなっていくのだろう。

 

 

さっそくネット上では「うな子」に対して様々なコメントが集まっているが、僕は佐々木萌詠さんの今後には期待したい。
そしてこれを機に、ふるさと納税も始めてみようと思う。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 鹿児島県志布志市のふるさと納税で選べるお礼の品




 

 

▼よく読まれている記事

 

Pocket